★ 近日『オリジナル日本史年表』販売開始予定 ★

理科〈中学受験〉“9種の気体の性質” 見やすい一覧表でスグ覚えられる!

見やすい一覧表を使って水溶液を学ぶ

中学受験で学ぶ“気体の性質”
各気体の〈重さ〉〈におい〉〈水への溶けやすさ〉〈燃えるかどうか〉など、ウチのコにスムーズに覚えてもらいたい!
そんな思いで、色使いや並びを工夫した『気体の性質一覧表』を作りました。

直感的に分かりやすく覚えやすいので、この表を見ながらポイントおさらいしたところ、スッキリ頭に入れる事ができたようす。
表を見やすくすると、視覚的にも記憶に残りやすいので忘れにくくなるというメリットも!

今回は、覚えておきたい“気体の性質”のポイントをまとめていくので、ぜひプリントした『気体の性質一覧表』を手元に置いておさらいしてみてください。

覚えているか確認できるよう、復習用の表も用意しています

おさらい資料

\こちらもイラストACからダウンロードできます/

\イラストACからダウンロードできます/

学習効率UP!オリジナル やる事リスト・スケジュール表

テスト直前やることリストサンプル
タイムスケジュール表サンプル
教科別週間やることリストサンプル

ダウンロードはこちらから

ダウンロードできるスケジュール表

タイムスケジュール表サンプル
週間やることリストサンプル

ダウンロードはこちらから

目次

気体の性質

気体の性質一覧表
気体の性質一覧表

今回は、上の9種類の気体に関して一覧表にまとめました。なるべく覚えやすいよう、並び順なども工夫しています。

この表を見ながら、性質ごとにポイントを押さえます

空気より重い?

まずは重さに関して。表には、空気より軽いものは点線の○、重いものは実線の○、空気に対するおよその倍率も書いています。
空気より重いか軽いかは、『気体の集め方』にも関わってくるので大事なポイントですね。
ここで覚えたことは…

  • 水素・アンモニア・窒素・一酸化炭素の4つの気体が空気より軽い
    (つまり、それ以外は重い。軽い方を覚えてしまう!)
  • 水素の軽さ別格!すっごく軽い

ということ。水素・アンモニアに関しては特にしっかり覚えておきたい!ちなみに、ウチのコには下のイメージ図も分かりやすいと評判が良かったのでご紹介します。

気体の重さの比較イメージ
気体の重さの比較イメージ

風船で表すとイメージが残りやすいみたい

このイメージ図を見ながら、
一酸化炭素は空気より軽く、
二酸化炭素は空気より重い…など、比較してみたり、
アンモニアはトイレの臭い、空気より軽いからフワーと人の鼻にまで臭いが昇ってくる!…そんな風に覚えてました。

“におい”はする?

刺激臭があり水に溶けやすい気体

表の下の方にある4つの気体
・アンモニア
・塩化水素
・二酸化硫黄
・塩素

は”におう気体”。
ここで覚えたのは…

  • アンモニア・塩化水素・二酸化硫黄・塩素は刺激臭があり、この4つは“水によく溶ける”点でも同じ
  • 4つの気体のうち、アンモニアだけ空気より軽い

ということ。“刺激臭がある”気体は、“水に溶けやすい”と一緒に覚えてしまうとラク!
では、“その4つ以外に水に溶けやすい気体はないのか?”という点を次で詳しく確認します。

水への溶けやすさは?

水に溶けやすい気体

一覧表では
…“水によく溶ける”
○…水に溶ける”
△…水に溶けにくい”
の3段階で溶けやすさを表しています。

一覧表でがついているのは、“におい”のところでも出てきた4つの気体。
そして、一つだけある○は二酸化炭素。

ここで押さえたいポイントは…

  • 刺激臭があるアンモニア・塩化水素・二酸化硫黄・塩素は、“水によく溶ける”
  • 4つの気体ほどではないけど、二酸化炭素も少し水に溶ける

“気体の重さ”と“水によく溶けるかどうか”は『気体の集め方』に関わる大事なポイント!

二酸化炭素、塩化水素、アンモニアが溶質の場合の水溶液に関してはこちらの記事もどうぞ。
こちらの一覧表も見やすいのでオススメです!

燃える?

燃える気体

一覧表でがついているのは、一酸化炭素水素
どちらも、燃える時の様子も覚えたい点。
また、酸素のところに書いてある助燃性についてもしっかりチェック。
ここで押さえておきたいポイントは…

  • 燃える気体は一酸化炭素水素の2つ
  • 一酸化炭素は火をつけると、青白い炎を出して燃え二酸化炭素になる
  • 水素を試験管の中に入れ、火を近づけると『ポッ』と音を出して燃える。試験管内には水ができて白くくもる
  • 酸素は、酸素自体は燃えないが他の物質が燃えるのを助ける性質『助燃性』がある

“水素”は燃えた時に二酸化炭素を出さないので、環境にやさしいエネルギーとしても注目されてますね。時事問題として扱われることもありそうなので要チェック。

“水素エネルギー”はクリーンエネルギー!

まとめ

今回は、見やすい『気体の性質一覧表』を使って、気体の性質の基本をおさらいしてみました。
表を見やすくすることで、ウチのコも割とすんなり覚えることができた様子。
…がしかし、時間が経つとやはり記憶が曖昧になってくると思うので、たまに空欄の一覧表を使って復習をするようにしています。

良かったら、一覧表をしばらく目につくところに置いておいたり、復習用プリントで覚えているかどうかチェックしてみてください。

見やすい!『気体の性質一覧表』のデータはこちらから

おさらい資料

さらっとおさらい資料
今回使用した気体の性質一覧表のデータの他にも、中学受験の復習に役立ちそうな資料をまとめています。良かったらのぞいてみて下さいね。

見やすい一覧表を使って水溶液を学ぶ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次